ホームヘルパーの仕事について

これからの時代は、高齢者が増えて介護が必要になると言われています。もしかしたら自分の家族にも必要になるかもしれません。そう思う方は多くいると思います。この職種は福祉関係や医療事務関係にも役に立つ職種なので、そのような資格を取る人が増えているみたいです。ホームヘルパーは、高齢者・障害者のために身体の介護サービスをする人で、仕事の内容はお風呂に入れ、食事、洋服の着替えなどの『高齢者や障害者のために身の回りのサービス』買物や洗濯、料理などの『家事の手伝い』生活の相談や住居についての相談などの『相談相手』が仕事になります。ホームヘルパーは誰でもなれるのではなく、資格がいります。三級・二級・一級と等級があり、最低でも二級が必要です。三級でも良いのですが、あまり意味がないような気がします。もちろんあった方が良いです。この資格は民間企業が研修を行うこともあり、資格取得の学校などが行っています。そして、ホームヘルパーの資格を取ったならば、次はその上を目指しましょう。そう国家資格です。介護福祉士と言う資格を。ただこれは、三年以上の実務経験がないと受ける資格がもらえないので、三年間はこの仕事に従事しましょう。介護福祉士はホームヘルパーよりも上のレベルですが、基本は、ホームヘルパーの仕事なので介護福祉士の資格を取る、取らないよりも基本をしっかり身に付けた方が介護を受ける立場の人は喜ぶと思います。

この仕事に関して気をつけることがあります。それは、『自己管理』です。ホームヘルパーの仕事は、重労働です。自分が倒れては周りも迷惑です。この職種だけではありませんが、プロならば自己管理はとても大切です。出来るだけ良い食生活を心がけて下さい。

新卒採用/新卒紹介の就職支援サービス【アイデムスマートエージェント】
http://smartagent.jp/shinsotsu/

ネイル情報はネイルのお仕事
ネイルのことならお任せ