将来を考えての転職

中途採用から転職を考えている人は、今のままで良いのだろうか?と考えている人が多いと思います。定年になって退職金や年金で生活できるだろうか?と考えるのではないでしょうか?よく聞く話では副業をして稼ぐといったことも聞きます。そうすれば、今の会社を辞めることなく収入はアップするでしょう。ですが、副業が出来る人はそれで良いと思います。でも、出来ない人はどうでしょうか?今のままで頑張ればいいのでは?と思われるでしょう。でも、将来が不安だ。となると転職して今よりも収入アップを考えるでしょう。数十年前は、転職したら以前より”収入が上がった”などと聞きましたが、現在は、違います。社会を取り巻く環境が以前と違うので、逆に下がるでしょう。若年者(概ね29歳以下)は、まだチャンスがあります。中高年者層(30歳以上を想定します)は、職種にもよりますが厳しいでしょう。このままでは行き場がありません。そこでまずは『将来どうしたいか?』『どんな仕事をしたいか?』を書き出してみてください。中高年者層の中途採用は思った以上に辛いものがあります。中高年者層の転職は新卒や既卒の様にチャンスがあるわけではないのです。チャンスを自分で作って突破するしかないと思います。まずはチャンスを作る様に考えてみてください。

中高年者層の離職理由

中高年者層(中途採用者)の離職理由として周囲に聞くと最初の一言は、『給料が安い』が多く出た答えでした。他には、『この会社は危ないかも』とか『人間関係が嫌だ』などの答えがありました。この理由が全てとは思いませんが、例えば『スキルアップしたい』などの前向きな理由がなかったことが不思議でした。(思っていても口に出さないのかな?)あと、インターネット等で調べてみると中高年者層の離職の理由として、『転職願望』・『仕事内容への不満』・『健康上の理由』などがありました。(この答えに対して色々と疑問もあるのですが・・・)そして業種としては、製造業が多く答えていました。また、企業側からみた離職の理由は、『注意されたら不満になる』・『我慢ができない』・『やる気がない』などでした。やはり会社を離れる際は、お互いが納得した上で問題なく退職した方がいいですね。

an
アルバイトをお探しならココ!

営業について知ろう!の営業情報
営業のお仕事に関するサイト

とりでん 姫路中地店のグルメ情報はこちら